三大なんJ公認小説『アルジャーノンに花束を』『ライ麦畑でつかまえて』

1風吹けば名無し2018-03-29 22:14:02

あと一つは?

72風吹けば名無し2018-03-29 22:22:37

>>1

の中に入るんやったら変身か異邦人ちゃうか?

321風吹けば名無し2018-03-29 22:36:47



>>1

シャーロックホームズやろ

4風吹けば名無し2018-03-29 22:14:44

重力の虹

91風吹けば名無し2018-03-29 22:23:53

>>4

これが4レス目で出るなんJ

18風吹けば名無し2018-03-29 22:16:35

地下室の手記

46風吹けば名無し2018-03-29 22:19:59

>>18

地下室の手記の後半は世界で一番読んでて面白い小説や

38風吹けば名無し2018-03-29 22:19:20

ロシア文学初心者におすすめおしえちくり

57風吹けば名無し2018-03-29 22:21:21

>>38

チェーホフとかゴーゴリの短編小説おすすめ

いきなりドストエフスキーとかレフ・トルストイの長編読むと嫌いになるからやめた方がええで

67風吹けば名無し2018-03-29 22:22:05

>>46

気まずさが神懸かってて好き

110風吹けば名無し2018-03-29 22:24:56

>>57

その辺はネームバリューで飛びついて失敗する典型パターンやしな

短編から勧めるのナイスやで

180風吹けば名無し2018-03-29 22:29:32

>>67

大して仲良くもない知り合いにくっついてって気まずくなるシーンの描き方がホンマ背中が痒くなるくらい上手すぎて

ほんま凄い(語彙力の低下)

141風吹けば名無し2018-03-29 22:27:07

>>110

長編露文は登場人物多いし名前が覚えにくいし難解やし読むの苦労するからなぁ

面白いんだけど初心者向けじゃないわな

113風吹けば名無し2018-03-29 22:25:06

ライ麦の主人公は

「スタバでMACでドヤ顔wwwwwwくっさwww」みたいなやつ

137風吹けば名無し2018-03-29 22:26:45

ゴッドファーザーはクソ有名なのにファンの95割は原作読んでないの何やねん

225風吹けば名無し2018-03-29 22:32:33

悲しみよこんにちは

302風吹けば名無し2018-03-29 22:36:02

>>225

これとグレイト・ギャッツビーの切なさよ

232風吹けば名無し2018-03-29 22:32:52

変身で主人公はどんな姿になっとるのかいまいち想像できんから読むのが難しく感じる

246風吹けば名無し2018-03-29 22:33:28

>>232

あれ精神障害者のことやで

242風吹けば名無し2018-03-29 22:33:19

なんかおもろい推理小説とかミステリー教えてや

主人公がイキっとるのは嫌や

京極堂と御手洗潔でギリギリや

バチカンなんとかいうホモ臭いのは無理やった

289風吹けば名無し2018-03-29 22:35:15

>>242

陰鬱で閉塞感ある田舎をワイと楽しむんやで

首無しの如き祟るもの

285風吹けば名無し2018-03-29 22:35:08

>>246

マ?ワイがアスペやったんか

270風吹けば名無し2018-03-29 22:34:37

リアルで文学好きなやつあんまり見ないんやがお前らどこにおるんや?

294風吹けば名無し2018-03-29 22:35:39

>>270

知識ひけらかし野郎だと思われるのが怖い上に本物と出会うと赤っ恥かくから黙ってる

318風吹けば名無し2018-03-29 22:36:41

>>270

政治と文学は話す上でタブーやぞ

306風吹けば名無し2018-03-29 22:36:09

>>285

そういう説もあるってだけやで

たしかに自分が虫になったと思ってる精神障害者として見ると面白いで

342風吹けば名無し2018-03-29 22:37:53

>>289

ワイもそれをすすめようと思っとったとこや!これええで!

先にシリーズの他作品を一冊読んどいたほうがええけど

351風吹けば名無し2018-03-29 22:38:37

>>294

知識自慢は嫌やが文学に対する情熱を語り合いたいな

324風吹けば名無し2018-03-29 22:37:00

>>306

はぇー、もう一度よみなおしてみるか

389風吹けば名無し2018-03-29 22:40:37

>>318

政治はともかく文学もダメなん?

411風吹けば名無し2018-03-29 22:41:44

>>324

カフカ自身は喜劇として書いとったらしいで

382風吹けば名無し2018-03-29 22:40:17

フォークナーの響きと怒りホンマ好きなんやけどそもそもフォークナー作品好きな奴さえ会ったことないわ

好きなやつ誰かおらんのか

419風吹けば名無し2018-03-29 22:42:02

>>382

アブサロム、アブサロム!が面白かったで

響きと怒りは読んでないわ

451風吹けば名無し2018-03-29 22:43:18

>>382

八月の光好き

473風吹けば名無し2018-03-29 22:44:35

>>419

アブサロム、アブサロム難解すぎて草生える

響きと怒りより遥かにムズイやろ

まともに理解できた気がせんわ

420風吹けば名無し2018-03-29 22:42:07

読んだことあるやついないと思うけどドストエフスキーの白夜おもろかったわ

456風吹けば名無し2018-03-29 22:43:27

>>420

わかる

450風吹けば名無し2018-03-29 22:43:17

>>414,421,423

サンガツ

ブックオフ行って漁ってくるわ

506風吹けば名無し2018-03-29 22:45:49

>>451

八月の光は持ってるけどまだ読んでないな

面白い?

471風吹けば名無し2018-03-29 22:44:28

>>456

お、読んだことあるやつおったか

女性の心情の描写が素晴らしかったわ

465風吹けば名無し2018-03-29 22:44:05

いま1984読んでるけどめっちゃおもろいわ

474風吹けば名無し2018-03-29 22:44:36

>>465

何やそれ

ちょっと愛情省で話聞かせてもらうで

584風吹けば名無し2018-03-29 22:49:42

>>471

はじめて読んだドストエフスキーやったわ

ええよな、また読み返そうかな

554風吹けば名無し2018-03-29 22:48:21

>>473

うーん、ワイはそんなに難解だとは思わなかったけどな

文章が独特だから、そこが読みづらいかね




578風吹けば名無し2018-03-29 22:49:17

>>506

描写としては響きと怒りの2章より美しいかもしれん

最後の電車が通り過ぎるシーンでぶっ飛んだわ

536風吹けば名無し2018-03-29 22:47:30

フォークナーの流れで行くと

ガルシアマルケスの族長の秋は

文庫になってるし読みやすいからオススメやで

577風吹けば名無し2018-03-29 22:49:08

>>536

あれ読みやすいか?

文庫化されてるやつならエレンディラか予告された殺人の記録の方が読みやすくない?

692風吹けば名無し2018-03-29 22:54:00

>>554

いやフォークナーの作品はそこそこ読んどるから文章は大丈夫なんやけど、時系列ごっちゃでさらにそれを上塗りしていくからクソややこしい

630風吹けば名無し2018-03-29 22:51:19

>>578

ふーん、サンガツ




598風吹けば名無し2018-03-29 22:50:04

ナボコフのロリータって面白い?

タイトルだけ引かれて借りたんやけど時間なくて読まずに返しちゃった

627風吹けば名無し2018-03-29 22:51:09

>>598

おもろいで

646風吹けば名無し2018-03-29 22:52:18

>>627

セックス🈶?☺

710風吹けば名無し2018-03-29 22:54:43

>>646

あるぞ

649風吹けば名無し2018-03-29 22:52:26

もう小説読む時間ないわ あっても純文学は無理

686風吹けば名無し2018-03-29 22:53:42

>>649

寝る前にちまちま読むのええで

本格推理やとすぐ眠くなる上に翌日なんや分からんくなってて末永く楽しめるで

651風吹けば名無し2018-03-29 22:52:30

風立ちぬ

674風吹けば名無し2018-03-29 22:53:21

>>651

ホント名作やわ

ジブリの風立ちぬは全然ちゃう

669風吹けば名無し2018-03-29 22:53:15

ミヤケンは銀河鉄道の夜ってタイトル考えただけでも凄いわ

716風吹けば名無し2018-03-29 22:54:59

>>669

学者からは馬鹿にされとるらしいけど雨ニモマケズほんま好きやわ 生への渇望とその力強さが満ち満ちてる

722風吹けば名無し2018-03-29 22:55:23

>>674

嫁が病気でも飛行機飛ばすんだ🙋

721風吹けば名無し2018-03-29 22:55:20

>>686

ドフトエフスキーとかなったらもう無理そう 出てくる登場人物と愛称やら複数あって忘れるわ

771風吹けば名無し2018-03-29 22:57:40

>>692

ワイは岩波文庫ので読んだんだけど

解説とかが丁寧だった記憶があるな

それで理解がしやすかったのかもしれん

705風吹けば名無し2018-03-29 22:54:32

>>683

素晴らしきアメリカ野球で日本バカにされてるところ正直好き

735風吹けば名無し2018-03-29 22:55:45

>>710

サンキューガッツ

768風吹けば名無し2018-03-29 22:57:33

>>716

合唱曲の雨ニモマケズすこ

807風吹けば名無し2018-03-29 22:58:57

>>721

悪霊までならまあまあいける

カラマーゾフはしんどい

762風吹けば名無し2018-03-29 22:57:07

>>722

それジブリだろ・・・

749風吹けば名無し2018-03-29 22:56:21

武士道シックスティーンアニメ化したら結構受けそうな気がする

映画?知らない子ですね

780風吹けば名無し2018-03-29 22:57:48

>>749

作者剣道未経験者らしいな

だからよかったのかも知れんけど

754風吹けば名無し2018-03-29 22:56:49

ライ麦はつまらんかったし読んだ後もよくわからんかったがなんか読み返したくなる

なんなんやろうな

828風吹けば名無し2018-03-29 22:59:45

>>754

つまらんのに読んだ後誰かとライ麦について色々語り合いたくなる感じはあった

あれは何なんだろうか

755風吹けば名無し2018-03-29 22:56:51

ワイが読もうと思って挫折した小説

失われた時を求めて、戦争と平和、ハイペリオン

795風吹けば名無し2018-03-29 22:58:22

>>755

ハイペリオンは先に『エンディミオン』と『エンディミオンの覚醒』を読んでから

バックストーリーとして読むという搦め手からの攻略法もある

800風吹けば名無し2018-03-29 22:58:38

>>762

ジブリに言及してたからジブリを揶揄しただけやぞ

本当納得いかんわあれ

764風吹けば名無し2018-03-29 22:57:09

殺戮に至る病

878風吹けば名無し2018-03-29 23:02:01

>>764

読む前ワイ「叙述って聞いたで〜」

冒頭ワイ「時系列とか視点とか叙述のヒントありそうやな騙されないようにしたろ!」

読書中ワイ「ヴォエ!ヴォォォエ!!!」

読後「そういえば叙述なんやった…こんなん分からんわ」

853風吹けば名無し2018-03-29 23:00:52

>>780

シックスティーン憧れて剣道部入ってきた女の子三ヶ月でやめてたわ 現実は厳しい

880風吹けば名無し2018-03-29 23:02:14

>>795

邪道にも程があるだろ、没落のラストは読み進めてこそのクライマックスやん

それ以外にも伏線台無しやんけ

816風吹けば名無し2018-03-29 22:59:24

安部公房全集欲しい!!!

856風吹けば名無し2018-03-29 23:00:54

>>828

確かにほかの人がどう感じたのかが気になったわ

871風吹けば名無し2018-03-29 23:01:49

>>853

当たり前やろ

あんなもんずっと続けるなんざ相当な変態やで

ソースはワイ

960風吹けば名無し2018-03-29 23:06:00

>>871

お互い変態やな

894風吹けば名無し2018-03-29 23:02:49

>>878

叙述が褒められる作品やけど、真に迫ったエログロの方が評価要素やろあれ

マジで吐くわあんなん

945風吹けば名無し2018-03-29 23:05:33

>>880

作者も認めてるけど後付けの設定変更やらあるしな

913風吹けば名無し2018-03-29 23:04:07

>>894

濡れ場と殺害シーンだけで腹いっぱいなのにその後に「そこまでやるん?書くん?」ってのが5段階くらい来るからな

941風吹けば名無し2018-03-29 23:05:25

>>913

切り取ったやつ使ってて最初冷たかったけどだんだん温まって具合良くなってきたとかな

939風吹けば名無し2018-03-29 23:05:21

おすすめの叙述トリックの作品教えてくれや ちなみに殺戮に至る病と十角館は読んだ

986風吹けば名無し2018-03-29 23:07:09

>>939

ロートレック荘は叙述のためみたいな作品だから好きなら楽しめる